• 2015.4.14
  • 仙台空港から山形へ はコメントを受け付けていません。

仙台空港から山形へ

山形の天童で集まりがあり、マイルの特典を使って行ってきました。

JALは山形空港に飛び、天童の近く(10年ほど前の時は、JALで行きました)
(マイルを貯めている)ANAは山形空港に飛んでいなくて庄内空港になります。

地図で見たらこんな感じ。
te3
遠い・・・航空券も高い・・・

マイルで行けるかな?と伊丹⇔仙台を検索
空きありました!

仙台空港⇒仙台(約20分)
te2

仙台駅⇒山寺(約1時間)
te1
山寺⇔天童(友人が送迎してくれるとの事)感謝

仙台空港から仙台→山寺まで、うまく乗継をしないと1時間ロスになります。
楽しみにしている お昼のおそばが食べられない!!
飛行機を降り、到着ロビーからエスカレーターで1つ上の階へ
発車時刻まで10分しかなかったので、走ったー
IMG_1328
ICカード『ICOCA』が使えたので時間短縮出来て良かった。

仙台⇒仙山線に乗り継ぎ
ホームをかえるのに階段しか見当たらなくて、荷物が重く大変でした。

山寺へは、各駅停車

乗る時は、外に『開く』ボタンがあり
降りる時は、このボタンを押してドアを開けます。
IMG_1215

IMG_1216

途中、長ーーーいトンネルがあったり、雪が残っていたり。
桜は、まだ開花していませんでした。
IMG_1219
のどかな景色
IMG_1221

山寺って…山寺の和尚さんが♪♫の「山寺」かと聞いたら

閑さや岩にしみ入る蝉の声(しずかさや いわにしみいる せみのこえ)は、松尾芭蕉元禄2年5月27日1689年7月13日)に出羽国(現在の山形市)の立石寺に参詣した際に詠んだ発句。『奥の細道』に収録されている。随伴した河合曾良が記した『随行日記』では山寺や石にしみつく蝉の声とされている。『奥の細道』の中でも秀吟の詩として知られている。

ウィキペディアより

の山寺なんだそうです。

山寺観光協会HP

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る